フリーランス&個人事業主はもちろん、会社としてホームページを運営していくにあたり必要なのがビジネスの3つのS

ストーリー(物語)

セルフブランディング(印:シンボル)

シンパシィ(共感)

すべて閲覧者の記憶の中に、自分と自分のビジネスを印象に残すために必要なものです。

ビジネスのストーリー

自分が、なぜ今のビジネスに取り組んでいるのか?
自分の原点を知ってもらう事が、何よりの差別化になります。

なぜなら、自分と全く同じ体験や経験をしている人はいないはずだからです。
また、ストーリは実績などの数字と違い記憶に残ります。

スポンサードリンク

 

ビジネスのセルフブランディング

ブランディングに関して、重要なのはビジネスのブランディングではなく自分自身のブランディングが必要だという点です。

コンサルしているなかで、●●協会・●●メソッドなどを他の人のプラットフォームを利用している場合に、自分自身のブランディングが必要になってくるからです。

わかりやすく例えを出すと、ヨガや柔道・剣道などのスポーツコーチやインストラクター。そしてコーチであれば●●メソッドなど他の人の手法を利用している場合です。

ビジネスのシンパシィ

共感を得るために様々な要素があります。
その一つが、『役に立つこと』と『面白い』のバランスです。

人は、『役に立つ』だけでは共感を得られにくいですし『面白い』だけではそれだけで終わってしまいます。

スポンサードリンク